事業概要

基幹型認知症疾患医療センターでは、早期に診断を行うための専門的な情報の提供や、治療方針に悩む場合の対応など、地域における認知症の保健医療や介護の水準の向上を図るために、以下の事業を行います。

 

01.認知症の確定診断

かかりつけ医からの紹介による「もの忘れ外来」を通じて、専門医または担当医が診察、認知機能検査、画像検査などを参考にして鑑別診断をおこない、今後の治療・ケアの方針を説明いたします。

 

02.認知症についての最新情報の提供や助言

かかりつけ医や地域医療機関を対象として、認知症の最新の診断、治療に関する相談に応じ、最新の情報を提供します。一般向けの講演会なども積極的に行い、情報・知識の普及に努めます。

 

03.地域連携の推進

サポート医、地域包括支援センター、認知症の人と家族の会などと連携して、地域での認知症医療・介護の連携体制を推進します。そして研修会や講演会を通じて、地域保健・医療・介護の水準向上を目指します。

運営体制

運営体制

スタッフ紹介

センター長

副センター長  長濱道治

  • 精神神経科助教
  • 専門分野:老年精神医学

担当医師:2名

  • 脳神経内科
  • 専門分野:認知症

精神保健福祉士・社会福祉士 :1名  

心理検査員 :1名

看護師   :2名


 

スタッフ紹介

センターの場所および稼働日

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1 島根大学医学部附属病院内2階

月曜日~金曜日 午前 8:30~午後 17:15 (土曜、日曜、祝日、お盆、年末年始を除く)

相談は無料です。(電話通話料は相談者負担)

 

交通アクセス

電話でのご相談

電話:0853-20-2630

月曜日~金曜 午前9:00 〜 午後16:00

相談対象者

患者さんご家族、医療介護福祉関係者